尼崎市杭瀬駅2分!マッケンジー法なら中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック

中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック

求人情報 | プライバシーポリシー

06-6488-7754

●診療時間:
午前 9:00〜12:00、午後17:00〜19:00
土曜午前9:00〜12:00
●休診日 :
木曜・土曜午後・日曜・祝日

予約専用サイトはこちら

マッケンジーな日々・お知らせ

2019.06.16

ハイドロリリース、エコーガイド下ブロック、筋膜リリース、生理食塩水ブロック注射についての、四方山なお噺。(その1)

ああ、それってテレビでやってたヤツですね、生理食塩水の、、、うれしいわぁ、そんなんやってもろて、、、

エコー見ながら針先を確認しつつブロック注射していた私に、一緒に来られていたご家族から、声がかかったんですが、話しかけられたこちらは、はぁ?てな、もんです。なんのコト?

 

どうもテレビの、たけしの健康番組で肩こり腰痛にハイドロリリース注射の特集をやってたらしいんです。

 

以前N○Kのためしてガッ○ン、ド○ターGで生理食塩注射として取り上げられたときも、患者さんと話をしていて、ああ、あれね、とちょっとだけ反響はあったような感じはありましたが、今回はバタバタと新規患者さんの予約が入っていたりして、それもみんな肩こりの患者さんだったりと、テレビの、というか、たけしの影響力ってすごいんだなあ、と思っています。

 

新規に予約を入れられた方が、ちょっとでも楽になったら、藁にもすがる想いで、、、、と言ってらした、と受付嬢から聞きましたが、別に「ハイドロリリース」という新しい技術が開発された、というのではなく、昔っから整形外科やペインクリニックでやっている、いわゆるブロック注射にすぎないんですけどね。

 

痛みがあるのをブロックするよ、というのでブロック注射ですが、どこのなにをブロックするのかで名称は様々。

 

肩こりの場合は、患者さんの話を聞いて、どの部分がおかしそうなのか、あたりをつけて、実際患者さんの身体を動かしてみて、動きの観察。解剖学的に考えてみる。

筋肉がこわばっていそうなトコロには押さえて痛みがあるので、圧痛が強い場所を確認する。そこをエコーでみて、エコーは堅いモノが白く映りますから、白くなってるところと、圧痛があるところが重なってるトコロに針先を持っていて注射。そういうことです。

 

エコーというとお腹で内臓を検査したり、というのが今まででしたが、この数年でエコーの性能が大幅に改良されたので整形外科のターゲットである身体の表面から近い、浅い部分がしっかりエコーで確認できるようになったから、そういう芸当も可能になってきたんです。

 

これまではブロック注射をする際も、経験や勘が大きな要素を締めていたのが、眼でみて実際に所見があるところをねらうので、治療の精度は上がってるんだろうなあ、と思っていますが、でも、どこに注射をすれば効果を出すことができるのか、というのはそれを見抜く眼、経験、勘も。結局はそういうことです。

 

TVでは、即効性!そして、それだけでなく持続性も!と、すぐに効果を実感でき、しっかり持続する魔法のような注射だといっていた、と患者さんから聞きましたが、いやあ、そんな、、、。

持続性は、やはり、人による、というのが私の印象です。(おまえの技術のせい、だったらショックです)

次の日には元にもどってた、というひとから、2ー3週間は楽な状態がつづいてるよ、という方まで、その違いは、いかに体をこわばらせるモードで使っているか、じゃないかと思っております。

 

マッサージでカラダをほぐしてもらっても、結局元に戻る。その戻り方はひとそれぞれ、そういうのと全く同じだと。

という意味では、やっぱり肩こりの状態を根本から変えたいのであれば、リハが基本なんじゃないかと思うわけです。

 

リハで自身のカラダを変えて行くべく対処し、でもコワバりきっているところがあるから、なかなかリハが進まないなあ、、というときに注射の出番、というのが真っ当なありかたなんじゃないかと考えています。

注射で固まってるところを、ふやかして動かしやすくしといたから、引き続きリハビリがんばってね、それですよ。

 

注射一本で魔法みたいに患者さんを治せるなら、私も大阪はキタ、梅田の一等地、グランフロントぐらいで、魔法の注射を全面に掲げてお店開いて勝負にでてます、でもそんなのあり得ん、と思っているからこそ、理学療法士と二人三脚でやってるんです。

 

TVを見て、期待に胸を膨らませている方には冷や水を浴びせるようですが、やっぱり、地道に、小さなコトからコツコツと、ですよ。

魔法の一撃で、お手軽にショートカット、はないんじゃないですか。

 

とはいえ、筋のこわばりだけに対処するだけではない、そのほかに出来ることもある注射ではあります。

それはぁ、また、次回の講釈でェ。

 

<追記>

リハビリが基本、というのに物言いがついたので追記します

 

マッサージで揉んでもらって、もしくは注射で筋の緊張を緩めてもらって、楽になっても、

結局、固めるモードに入ってしまっているカラダは変わっていないので、元に戻るだけ、という今までの繰り返しに不満を抱いていて、

根本からなんとかしたい、と思っているなら、その対処は「リハビリが基本」、となります。

一時的にでも楽になったらそれでよいし、元に戻ったらまたやってもらうから、それでエエわ。

そういう人生を否定しているわけではないですので、念のため。

でも、それ、肩こりの奴隷ですよね。

一覧を見る