尼崎市杭瀬駅2分!マッケンジー法なら中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック

中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニック

求人情報 | プライバシーポリシー

06-6488-7754

●診療時間:
午前 9:00〜12:00、午後17:00〜19:00
土曜午前9:00〜12:00
●休診日 :
木曜・土曜午後・日曜・祝日

予約専用サイトはこちら

スタッフ紹介

医師紹介

中野 元博

私はこの尼崎杭瀬という土地で生まれ幼少時代を過ごしました。
大学医局に属しておりましたので、そこから派遣される形で幾多の病院に勤務し、この地を離れた様々な地域で生活をしておりました。久しぶりに帰った杭瀬の町は、全国的にもよくあるシャッター商店街になり、子供の頃の記憶に残る活気のあった状況とはかけ離れたのもになってしまっていて愕然としました。
この街を元気にせんとあかん。切実にそう思います。私に出来ることは、健康面でのサポートをすることで皆様の不安をなくすこと。
整形外科はくび、肩、腰、膝など、運動器の痛みについての専門家です。大きな病院ではできないきめ細やかな対応と、現在行われている中で最良と思われる治療を選択し提供することで、地域の元気に貢献させていただきたいと考えております。

医療への想い

私が考える「治す」とは、注射や徒手療法(マッサージ等)で一時的な痛みを取り除くことではなく、患者さまが当院のリハビリテーションを終了して来院されなくなった後も、ご自身で痛みをコントロールできるよう指導することです。外科的手術に踏み切る前にぜひ一度ご相談ください。

経歴

愛媛大学医学部医学科を卒業後、大阪市立大学医学部整形外科医局に入局。中河内救命救急センターをはじめ、医局関連病院整形外科を歴任する。現在は中野整形外科・運動器リハビリテーションクリニックにてマッケンジー法を取り入れた治療を行い、地域医療に貢献している。

資格

  • 日本整形外科学会認定 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 国際マッケンジー協会認定セラピスト
  • 国際マッケンジー協会日本支部理事

勤務医から開業医への転換

勤務医時代、私は手術が大好きでした。外来でいろんな方と話をするのも好きでしたが、手術場という緊張感を伴った空間で、自分の技を発揮できる魅力には独特のものがあります。もちろん患者さまを治すというのが前提ですが、芸術品を作り上げる喜びといった様なものがあったことは否めません。

腰痛で経過観察しているおばあちゃんの患者さまを担当していたときの話です。「整骨院の先生が病院からレントゲンを借りてきて欲しいというので貸して欲しい。整骨院の先生に、腰痛は病院では治してくれへんから、検査だけしてもらって、あとはうちで治してあげると言われた。」

これを聞いて怒り心頭ではあるものの、振り返ってみればみればさもありなん。私がその方にしていた対応は、痛いならブロック注射して、痛み止め出しとくね。リハビリで温めてもらうとちょっとマシになるよ。という対応で、患者さまと自分ををごまかすように接していた事実に愕然としたものです。

腰痛の対処法としてリハビリテーションで理学療法士がどのように対応しているのかを調べたりすると同時に、自分でも腰痛治療の手技療法のセミナーを受講してみたり、漢方、鍼灸など東洋医学に解決の糸口を求めたりと迷走していくなかで、マッケンジー法と出会いました。

私はマッケンジー法という理学療法の考え方のひとつに出会って、大好きであった手術を捨てる決心がつきました。手術なら私よりももっとうまくやる医師が星の数ほどいるだろうけれど、手術をしない選択の中で本気で保存的な治療を考える整形外科医がどれほどいるだろうか。外科的手術に真剣に取り組んできた私だからこそ、実現できる保存的療法があるのではないかと考え、現在リハビリ指導に取り組んでいます。

当院では手術をしない選択ではどのようなものが選べるのかを一生懸命考えますが、決して手術を否定しているわけではありません。手術は昔も今も、強力に確実に病気の状態を変えます。手術が必ず必要な病態もあります。

ただ、当院では手術の施設を持たないことから、手術以外の方法による治療のバリエーションを求めています。これはまた、勤務医として手術にしか興味がなかった若き日の私へのアンチテーゼでもあります。痛みがあって、それを説明できる画像上の所見があれば、すぐに手術を勧めていた私がやっていた治療は、本当に患者さまのためになっていたのかを振り返って考えると、手術以外ではどのような選択肢があるのかを患者さまに知ってもらってから、場合により手術を選んでもらうことこそが大切なのだと今では感じています。

理学療法士

肩や腰、膝が痛くなったときに電気・温熱療法やマッサージを受けたことがありますか?
即時的な効果(気持ちが良い、体が軽くなる)はあるが、その効果は長続きしましたか?
痛くなった原因(不良姿勢、動き方の不整、誤った運動の実施など)を解決しなければ痛みが再発しやすくなるだけでなく、前よりも酷い症状となる可能性もあります。
当院では、そのような状態にならないため、姿勢や動かし方を変えていくことを主眼に、『自分で動いて、自分で治す』ことを目標とした簡易な体操をお伝えしております。『自分で治す』ことに意欲のある方は是非、当院を受診してみてください。
あくまでもご自身が主役ですので楽ではないですが、一人一人に合った運動を考え提供しておりますので、運動を行なう中で新しい発見があるかもしれませんよ。

リハビリへの想い

どこに行っても『手術しかない』とい言われて、本当にそれしか方法はないのか不安に感じている方。どこに行っても『歳だからね』と誤魔化されて、じゃあ私はどうしたらよいの?と困っている方が数多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そのようなお悩みを持った方が、笑顔で当院を卒業される姿を僕はたくさん見てきました!その方々の共通点は『自分で動いて自分で治す』という当院の理念に共感され、さらに『諦めない』という強い意志をお持ちでした。皆さんも『諦めないで下さい』
諦めず前向きに、ひたむきに取り組めば、必ずプラスの変化がおこります。
僕は自分を変えることを諦めない『あなた』を全力でサポートしたいのです。

斉藤 潤

資格

  • 理学療法士
  • 国際マッケンジー協会認定
    セラピスト
  • オーソティックスソサエティー
    認定 フットケアトレーナー
    (ベーシック・アドバンス)

全ては患者さんのために

当院の最大の特徴は、マッケンジー法に基づいた診療システムを採用していることです。
マッケンジー法とは、ニュージーランドの理学療法士であるロビンマッケンジー氏が提唱した、患者中心の診療システムです。
『我々は患者のためにある』が口癖だったマッケンジー氏が『患者さんの中にこそ、もっとも確かな問題解決の鍵がある!!』という信念のもと、本当の意味での治すとはどういうことなのかを誰よりも先駆けて哲学として打ち立てたシステムです。

僕はそのマッケンジー法の国際認定資格を有しており、マッケンジー氏の口癖のように『患者さんのため』に『患者さんの不安や悩みなどに耳を傾けながら』日々の診療に取り組んでおります。
僕が多くの患者さんの【笑顔】と【ありがとう】を貰い、辛い症状に自ら立ち向かっていくためのお手伝いができるようになったのは、この治療法と出会ってからでした。
治療者主体の自己満足の治療でなく、患者さん主体のこの方法をあなたにもお伝えしたい。
本気で何かを変えたいと望んでいるあなただからこそ、その価値をわかってい頂けると思っています。
あなたの笑顔はココから始まる!

理学療法士

横峯 秀昭

資格

  • 理学療法士

私は以前、介護の現場で訪問入浴というサービス業に従事していました。
その頃の私は、とにかく誰かのために役に立ちたいという想いはあるものの、専門的な知識も技術も持たず利用者さんに関わっている自分自身に疑問を感じながら、日々の仕事に追われていました。
そんな中途半端な自分を変えるため、もう一度学校に通うという一大決心をし、理学療法士になりました。
身体的な問題に対し運動指導するだけで終わるのではなく、悩み不安など内面的な問題に対しても寄り添うことができる、それが私の目指す理学療法士です。

リハビリへの想い

身体の悩みやその程度は十人十色、全て異なっており、誰でも同じ対応をすれば良いというわけでは決してありません。だからこそ一人ひとりに合った対応がリハビリには求められていると思います。そのために専門知識や技術の向上は当然必要ですが、私はコミュニケーションを通じて、とことん患者さんと向き合っていくことも、とても大切だと思っています。
出会った患者さんから様々なことを学ばせていただきながら、一人でも多くの患者さんを笑顔にできるように、リハビリ診療に全力で取り組んでいます。

患者さんの可能性を信じて

日々の診療の中で『この痛みは歳だから仕方ないわよね』と、リハビリを行う前から諦めてしまっている方に出会うことが多くあります。
そのたびに私はとても残念に思います。
なぜなら、身体の悩みを解決するために一番大切な原動力は『自分が良くなることを諦めない』ことであると考えているからです。
私は『自分が良くなることを諦めない』あなたの可能性を信じて、その可能性を最大限引き出すお手伝いをさせて頂きたいと考えています。自分のやりたいことを思いっきりできるように私と一緒に頑張ってみませんか?